民進党代表選挙の候補者による共同記者会見

朝日新聞:朝日新聞のナカザキと申します。よろしくお願いします。蓮舫さんにお伺いしたいんですけれども蓮舫さん、3候補の中で唯一参議院議員でもおありですけれども、今日の午前中のぶら下がりでも、衆議院議員へのくら替えについて、覚悟はあるというふうにおっしゃいました。具体的にどのような展望をお持ちなのかという、具体的な話を伺いたいのと、来月には補選もございます。補選に出馬するというお考えがあるかどうかについても併せて伺えますでしょうか。

司会:蓮舫候補お願いいたします。

蓮舫:ありがとうございます。当然この政党を政権交代まで導いていく覚悟を持っていますので、私自身が今の参議院議員ではいけないという認識も持っています。その部分で覚悟はいつでも行動に移そうと考えています。

司会:ありがとうございました。じゃあ、次のご質問をお受けいたします。じゃあ、どうぞ。

ニコニコ動画:ニコニコ動画の七尾と申します。よろしくお願いします。国民の最大の関心事は経済であることは各種調査、選挙結果でも見て取れます。アベノミクスを評価されていないということで、それぞれ基本的な考え方や個別のお話はあったんですけれども、一方でアベノミクスという言葉は分かりやすくて、国内外に浸透しているのは、これは事実だと思います。政権を奪回するためには国民が期待できる具体的、かつ実現可能な政策パッケージが必要で、加えましてこのアベノミクス、3本の矢に対抗できる、分かりやすいキーワードも重要だという声がありますが、この点はどうお考えでしょうか。お三方。

司会:お三方でよろしいですか。

ニコニコ動画:3人。

司会:それでは前原候補から玉木候補、蓮舫候補と順番にお願いいたします。

【連載】民進党代表選挙の候補者による共同記者会見

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします