[画像]通常のプリウスとはっきりと顔つきを変えたPHV。プリウスシリーズのトップエンドらしさを訴求するため燃料電池車のMIRAIと共通の8連LEDランプを採用した

 今冬に国内発売が延期されたトヨタの新型「プリウスPHV」。この車が北米市場で担う役割は決して小さくありません。背景にあるのは米国の諸州で強化されつつあるエコカーの導入を推進する規制です。米国で何が行われようとしているのか? トヨタのエコカー戦略は? モータージャーナリストの池田直渡氏が豊田章男社長の言葉から読み解きます。

【画像】「テスラ」と「プリウスPHV」どっちがスゴイか?

責任の重さが違う新型プリウスPHV

[写真]試乗会場にサプライズで登場した豊田章男社長

 8月26日、トヨタは新型プリウスPHVの先行試乗会を袖ケ浦フォレストレースウェイ(千葉県)で開催した。この試乗会にサプライズで現れたのがトヨタ自動車の豊田章男社長。サーキットのミーティングルームで突然の囲み会見が開かれるという僥倖があった。

 せっかくの機会でもあるので、プリウスPHVについて、またトヨタの今後について色々と尋ねてみた。

 まずはプリウスPHVの話である。プラグイン(充電)機能を持たない新型プリウスは昨年末にデビューした。現在トヨタが強力に推進中のクルマづくり改革「TNGA(Toyota New Global Architecture)」の第一号として、トヨタの変革を知らしめ、社員、サプライヤー、メディア、ユーザーという全ての要因に対して、トヨタの改革を訴求するための切り込み隊長である。万全とは言わないが、そのクルマの仕上がりについて、おそらく初期の目的は遂げたはずである。そして、約1年遅れて、プリウスによるTNGA改革を更に後押しすべく、プリウス・シリーズのトップエンドを支えるプリウスPHVが登場した。

 ここにもう一つのコンテクストが加わる。先代のプリウスPHVは設計的に高い志を持ち、極めて理知的な製品だったが、その合理主義が徒となって、販売的には不振を極めた。今回は何としても成功させなくてはならない。後述する北米での規制強化を背景に、今度のPHVは担う責任の重さが違う。そうした背景の中でプリウスPHVはトヨタの経営に何をもたらす意図で作られたのだろうか?

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします