俳優・山田孝之(撮影:磯部正和)

 唯一無二の存在感で日本映画界にはなくてはならない俳優・山田孝之。そんな彼が6年間の歳月をかけて完成させた『闇金ウシジマくん』シリーズの主人公・丑嶋馨(うしじまかおる)。10月22日公開の映画『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』で彼の姿は見納めになる。人気シリーズで原作も続いている作品、なぜ山田はここでファイナルにすることを決断したのだろうか。

キャラクターを完成させることができた故のラスト

 2010年10月、深夜ドラマとしてスタートした『闇金ウシジマくん』。“闇金”をテーマに衝撃的なストーリーとシビアな人間模様は大いに話題となった。

 「この作品をやり始めたとき、目的が2つあったんです。1つ目は“ウシジマ”というキャラクターを完成させること、そしてもう1つが『闇金ウシジマくん』という原作を多くの人に知ってもらおうという思いだったんです」と当時を振り返る。

 その後、人気シリーズとなった『闇金ウシジマくん』は、ドラマ3作、劇場映画4作という長期シリーズとして、多くの人に強いインパクトを与え続けてきたが、映画『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』でシリーズは幕を下ろすこととなった。

 「映画の『闇金ウシジマくん Part2』が終わったときに、自分の中ではウシジマというキャラクターをほぼ完成に近いところまで持っていけたと思えたんです。そしてお客さんのリアクションを見たときに、多くの人に『闇金ウシジマくん』のことを知ってもらえたなって実感もありました。その自信を持った状態のまま、次の作品でラストにしようと提案したんです」

 これまで数々の作品で、スクリーンに爪あとを残していた山田が“完成した”と断言するウシジマというキャラクター。

(C)2016真鍋昌平・小学館/映画「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」製作委員会

 「スタンスやキャラクターの作り方は、ほかの作品とはまったく違いましたね。普通、演じる人物に対して、セリフを言うときや行動を起こすとき『なぜそうするのか』ということを考えるのですが、ウシジマに関しては、まったく考えませんでした。ある意味、人間味をなくすというアプローチ。自分が考えて理解しちゃうと、僕らしさが出てしまう。原作の良いところは、ウシジマは善なのか悪なのかといった部分を明示せず『どうなんだ』って訴えかけているんですよね。そこを大切にしたかったんです」と役へのアプローチ方法を語る。

 作品がスタートする際、“完成”にたどり着くイメージは想像できたのだろうか。

 「最初から見えていたわけではないですね。でも始めたからには目標に到達するために何回でも何年でもやり続けるつもりでした。それが大事なことだし、ちゃんと作品を愛して向き合えば『完成した』と自信を持てるところまで持っていけるということがこの作品をやり続けてわかりました」と本シリーズとの出会いに感謝する。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします