動画をもっと見る

(※「41:00」で打ち上げる瞬間の映像を視聴できます。)
 気象衛星「ひまわり9号」を載せたH2Aロケット31号機が11月2日午後3時20分に鹿児島・種子島宇宙センターから打ち上げられる。当初は1日午後の予定だったが、天候悪化が予想されたため翌日に延期となった。三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)が発表した。

※THE PAGEでは、この打ち上げの模様を伝えるJAXAの番組をライブ配信します。

[画像]気象衛星「ひまわり8号・9号」(気象庁提供)

《番組概要》
打ち上げ40分前の午後2時40分から午後4時までの約80分間を予定。打ち上げから衛星分離までを映像で伝える。

ライブ番組のMCとして、三菱重工業でロケットエンジンの燃焼試験やバルブなどの開発を担当している杉本翔太朗さんが、スペシャルゲストとして、気象キャスターの井田寛子さんが出演し、打ち上げの状況やひまわり9号の役割などについて解説する予定。

なお、打ち上げ時間帯は午後3時20分から午後6時18分まで設定されており、天候状況などによっては上記時間の中でずれる可能性がある。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします