青学の絶対エース、一色恭志。青学を破るライバルは出てくるのか(写真:田村翔/アフロスポーツ)

 10月10日に出雲駅伝、11月6日に全日本大学駅伝が行われ、V候補だった青学大が連勝した。正月の箱根駅伝が近づきつつあるが、第93回大会はどんな戦いが待っているのだろうか。

 出雲駅伝はライバル校が主力を欠いたとはいえ、青学大の強さが際立ったレースになった。ルーキー鈴木塁人が1区を区間5位と好走。最終区間に配置されたエース一色恭志にタスキを渡す前にトップを奪い、悠々と連覇を果たした。全日本でもアンカーを務めた一色がトップ早大との49秒差をあっさりと逆転。チームは初優勝に輝いている。

 青学大は出雲と全日本で合計10人の選手を起用しているが、その他にも前回3区区間賞の秋山雄飛、関東インカレ2部ハーフマラソンを連覇した池田生成が控えており、総合力はナンバー1だ。加えて、箱根では一色の3年連続2区が濃厚。1区で出遅れない限り、現役日本人学生で「最強」といわれる“絶対エース”が3連覇への流れを作るだろう。

 今大会から4区と5区がそれぞれ2.4km延長・短縮することも青学大にとってプラス材料だ。「山の神」と呼ばれた神野大地(現・コニカミノルタ)が卒業したものの、5区の影響力が下がり、反対に4区の重要度がアップするからだ。4区には、全日本2区で7人抜きを演じた田村和希ら区間賞を狙える選手が入る見込み。他校に「山の神」クラスのクライマーが登場したとしても、4区と5区のトータルで考えると、大きく遅れる不安は少ない。往路をトップで折り返すことができれば、優勝は確実と見ていいだろう。

 原晋監督も「全日本は良くない選手もいましたが、練習の流れはできているので、箱根に向けての不安はありません。課題は山(5区)だけ。その他はスタンバイできています!」と学生駅伝3冠と箱根3連覇への自信を口にしている。

 大本命のアオガクだが、まったく弱点がないわけではない。全日本でも露呈しているが、追いかける展開になると、持ち味のスピードがあだになっているのだ。前に追いつこうという気持ちがオーバーペースを招き、終盤に失速。全日本の4~6区は、このパターンにはまり、思うようにタイムを稼ぐことができなかった。

 また原監督のコメントから推測すると、「5区」をどうするのか迷っている。前回、後半に遊行寺の坂がある8区でダントツの区間賞を獲得した下田裕太は上りに強い選手で、出雲1区で健闘したルーキー鈴木も5区を希望しているという。候補選手はいるものの、他区間のバランスもあるため、決めかねている状況なのだろう。

 箱根駅伝は1区間の距離が20km以上あり、わずかなミスが大きなタイムロスにつながる。青学大の自滅を誘うようなレースを仕掛けることができれば、他の有力校にもチャンスが出てくるはずだ。
   

 青学大のわずかな“傷口”を攻めることができるとしたら山梨学大と駒大だろう。
 山梨学大は出雲で2位、全日本で3位に入っているチーム。両駅伝ではドミニク・ニャイロをアンカーに起用しているが、箱根ではケニア人留学生の2区起用が有力だ。

 前回、ニャイロは1年生ながら花の2区を区間歴代8位タイの好タイム(1時間7分20秒)で走破。ハーフマラソンで学生歴代2位タイとなる1時間0分50秒をマークして、トラックの1万mで27分台にも突入している。全日本では8区19.7kmで青学大・一色に1分05秒差をつけて区間賞を獲得しており、箱根でも爆走が期待できる。

 前回は1区でトップ青学大に1分13秒遅れたために、ニャイロで首位に立つことができなかった。しかし、今季の出雲と全日本は1区を上田健太が務めて、ともに青学大に先着している。「1区上田、2区ニャイロ」というオーダーを組めば、“ロケットスタート”で抜け出すことができる。佐藤孝哉、市谷龍太郎ら日本人選手も充実しているため、そのまま逃げ切りを図りたい。

 駒大は全日本でエース中谷圭佑を欠き、4位に終わったが、「中谷がいれば3位にはなったと思います。中谷が復帰して、チームが一丸となれば箱根はおもしろい戦いができるでしょう」と大八木弘明監督は手ごたえをつかんでいる。

 前回2区4位の工藤有生、同3区2位の中谷、同5区4位の大塚祥平が強力で、エース中谷が完全復活して、1区に入ることになれば、青学大を脅かすことができるだろう。中谷のポテンシャルなら、青学大のスターターを1分近く引き離すことも可能だ。前回の2区で青学大・一色と工藤のタイム差は29秒。この作戦が決まれば、2区終了時で青学大の前を走っていてもおかしくない。3~4区で青学大に逆転を許したとしても、5区に大塚を起用すれば、トップを奪うこともできる。
   
 出雲を沸かせた東海大と、全日本で青学大を苦しめた早大も展開によってはトップ争いに加わる可能性がある。東海大は出雲で1~3区に1年生トリオ(鬼塚翔太、舘澤亨次、關颯人)を並べると、3区關が区間賞の快走で抜け出して、5区の終盤までトップを走った。全日本は關が感染性胃腸炎のため欠場したこともあり、7位に終わったが、現時点で5000m13分台は14人(1万m28分台は8人)。選手層だけなら青学大に負けていない。ただし、1年生は20km以上の距離が未知数なだけに、本当の勝負は来年以降になりそうだ。

 早大は出雲で8位に沈んだものの、全日本はエース格の井戸浩貴を欠きながら準優勝に輝いた。前回9区区間賞の井戸、スピードが魅力の平和真、安定感のある武田凜太郎、全日本4区で区間賞を獲得した永山博基を中心に粒ぞろいのチームで、総合力が武器となる。スーパーエースがいないため、2区の人選が悩ましいところ。2区終了時でトップが見える位置にいれば、5区には前回区間5位と好走している安井雄一が控えており、伊勢路の再現ができるかもしれない。

 前回2位の東洋大は全日本で6位。昨年の出雲と全日本で区間賞を獲得した口町亮を欠いたのが影響した。口町は箱根で復帰予定だが、戦力を考えると、今回は優勝を争うのは難しい。しかし、全日本1区で区間賞を獲得したエース服部弾馬のスピードを最大限に生かすような区間配置で、レースを揺さぶってくるだろう。

他にもふたりのルーキー(横川巧、高砂大地)を主要区間に起用して、出雲で4位、全日本で5位に食い込んだ中央学大。リオ五輪3000m障害に出場した塩尻和也を擁する順天堂大の戦いにも注目したい。

 現時点では青学大が断然有利な状況だが、箱根駅伝は何が起こるかわからない。今後の仕上がり次第では、意外なチームが大活躍する可能性もある。アオガクの快進撃を止めるチームも現れるかもしれない。

(文責・酒井政人/スポーツライター)

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします