[写真]会見する山本農水相(撮影=11月11日、THE PAGE)

 山本農水相は11日午前の閣議後の記者会見で、米大統領選で環太平洋連携協定(TPP)に否定的なドナルド・トランプ氏が当選したことについて「日本政府としては引き続きTPP協定の早期発効を目指していく方針。米国の次期政権の方針については今後の推移をみて、経済政策が具体的になるのを待って、対応したい」とし、今後のトランプ氏の動向を注視していく姿勢を示した。

 当初劣勢ともみられていたトランプ氏が当選を果たしたことについては、「一概には言えない」とした上で、日米の市場で株価が落ち着いていないことなどから「今後の推移をみるというのが市場の動向ではないかと思います。一定の時間を経過して、(トランプ氏が)具体的な経済政策に触れて、それから判断したいと思っております」と話した。

【中継録画】TPP承認案が衆院通過 山本有二農水相が閣議後に記者会見

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします