初戦、強敵ワウリンカをストレートで下した錦織圭(写真:ロイター/アフロ)

  男子テニスの今季最終戦ATPツアーファイナル(ロンドン)の1次リーグ初戦で世界ランキング5位の錦織圭(26、日清食品)は同3位のスタン・ワウリンカ(31、スイス)と対戦し、6-2、6-3のストレート勝ちした。世界3位を67分の戦いで撃破した勝利を海外メディアも大々的に取り上げた。  

 英国のBBCスポーツは、「アンディ・マリーとノバク・ジョコビッチが世界トップのランクを争っている一方で、錦織はワウリンカと、世界3位を入れ替わる大きな前進を驚くほど簡単な勝利で成し遂げた」とし、世界3位への可能性について「それが今週の目標」との錦織のコメントを紹介した。同記事では、「多くの試合に勝って4位か3位になること(を目指している)。ランクが上がるチャンスがあると感じている」という錦織の自信に満ち溢れた談話も掲載した。   

 英国のスカイ・スポーツの電子版は、「錦織はツアーファイナルでワウリンカに対して意思表明をした」と、世界ランキング向上を図る錦織の見事な戦いぶりを映像つきで紹介、細かく勝因を分析した。

「ワウリンカは、9月の全米オープン準決勝で錦織が敗れた相手。これまで6度の対戦で4度敗れている。しかし2014年のツアーファイナルで準決勝に勝ち進んだ錦織は、スピードを使い6-2、6-3での勝利を確保した」と、全米での因縁と、ここまでの両者の経過を追った上で、同記事が、このマッチで最高のショットとして、まず挙げたのは、第1セットの第8ゲームで、錦織が身体を大きく伸ばして角度のある力強いボレーを決めた場面だ。

 スカイ・スポーツで解説をしている元英国のトッププロだったマーク・ペッチー氏は、「間違いなくウィナーを打ち返すのに最も難しいショットだった」と高い評価を与えた。次に挙げたのが第2セットの第8ゲームで、錦織が閃光のようなフォワハンド・ウィナーを取ったシーンだった。
   

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします