動画をもっと見る

 東京の地下鉄駅構内に14日、手軽なふるさと納税をアピールする自動販売機が登場しました。

[画像]東京メトロ有楽町線駅に登場した「ふるさと納税自販機」

 この自販機では全国14地域の飲料水が販売されており、買った飲料の容器に貼られたQRコードをスマートフォンなどで読み取ると、その地域のふるさと納税情報を掲載するサイト「ふるさとチョイス」につながり、そこから自治体に寄付(ふるさと納税)できるという仕組み。自販機についているICタグかQRコードからもページにアクセスできます。

 扱われているのは、青森県鰺ケ沢町の「白神山地の水」、埼玉県深谷市の「ふっか水」、大分県日田市の「日田天領水」など。

 都内初のお目見えで、設置されたのは東京メトロの有楽町線銀座一丁目駅の構内。全国では埼玉県深谷市、岐阜県美濃加茂市に次ぐ3例目の導入だということです。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします