民進党蓮舫代表の定例会見12月15日(THE PAGE編集部)

記者4:フリーのサトウヨウヘイと申します。先ほど、ギャンブル依存症問題の関連で、ギャンブル依存症問題のためにIRに反対というところのお話があったという理解をしましたが、ギャンブル依存症問題に取り組んでいる日本共産党と、パチンコ、パチスロで7割、公営競技で2割、で、残りの1割の中に、場合によっては海外のカジノやパチスロなども含まれてる可能性はあるということで、微々たる(※判別できず)ですが、依存症団体の中でも、複数の団体から、必要なのはギャンブル依存症対策よりも、今まさに蓮舫代表が進められようとしているところ、対策が必要なのであって、IR推進法案にはその対策も盛り込まれていて、そこは評価するというふうな声が上がっているのですが、ギャンブル依存症問題を問題視するというところと、IR推進法案を一緒に扱ってしまうというのは、ちょっと筋違い、こじつけなのではないでしょうか。

男性:反対のためにギャンブル依存症の。

記者4:IRの反対のためにギャンブル依存症を持ち出すというのは、(※判別できず)ではないでしょうか。

※判別できない箇所がございますことをご了承ください。

【中継録画】臨時国会が実質閉会 民進・蓮舫代表が定例会見