外国語教育に焦りは禁物(写真はイメージ、提供:アフロ)

 インターネットの普及で、日本にいながらにして、しかも自宅で外国語に触れられる環境が整ってきました。学ぼうと思えばいつでも学べる学習インフラは万全ということです。

 そんな便利な時代だからこそ、子どものバイリンガル教育は焦らずに考えていきたいものです。まずは周囲の状況をつかんで、ここで何を言おうかと考える文脈把握力と言語運用力なくしては、母国語での表現はおろかましてや外国語で他国の人々と渡り合うことなどできません。子ども時代にぜひとも身に付けたい言語意識について、東京コミュニティスクールの市川力さんが解説します。


  新「三種の神器」登場で、大人のための語学習得は一層身近に

  大人になってから英語(外国語)を磨くツールがあふれるよい世の中になった。これまでは結構なお金を英会話学校に払いながらも長続きせず、結局、三日坊主というのがお決まりのコースだった。こうしていつまでたっても「英語ができたらいいなあ」という虚しい願いと、「英語が話せなくていやだなあ」という無駄な劣等感にさいなまれ続ける。

 外国語を身につけるには、シャワーのごとく、集中的に外国語を浴びるという環境に一定期間どっぷり浸かることが必要だ。この点で今はきわめて外国語を学びやすい理想的な環境にあると言えよう。いつでも、どこでも、フレキシブルに「生きた英語」に触れることができる。

 それを支える「三種の神器」は「YouTube、Kindle、スカイプ」だ。面白い内容を優れたプレゼンとともに学べるTED、映画、大学の講義など優れた動画コンテンツを無料でとめどなく見られる。英語のリスニングに慣れるために「英語字幕」を読みながら聴くこともできるし、何よりいいのは自分の関心に合ったコンテンツを次々に探し出せるところだ。

 聴くインプットの主役が You Tube ならば、読むインプットの主役が Kindle に代表される電子書籍だ。もちろんNew York Timesなどの報道メディア、海外の雑誌のウェブページもとても役立つ。ただKindle のよいところは、単語をタッチしただけで意味と発音を教えてくれるところだ(注:パソコンやブラウザーによっては同様の機能がある)。

 You TubeとKindleで多聴・多読でインプット。ではアウトプットはどう磨く……となったときに力を発揮するのがスカイプだ。国内外のネイティブ話者相手に、場所と時間の制約にとらわれず、英語を使うことができる。マンツーマンで自分にカスタマイズされた練習が可能になった。

【連載】ちょっと待って! 子どもの早期英語教育

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします