健康情報サイト「WELQ」に端を発したDeNAのキュレーションメディア問題は、ネットメディア全体に大きな課題を突き付けるものとなりました。記事の盗用、正確性を欠く内容、クラウドソーシングを通じた“素人ライター”の登用……これら明らかになった事実は、ネットメディアに対する信用を大きく損なうことになったのです。今回は、この問題を受けてネットメディアが目指すべき今後の在り方について考えます。

メディアの原点は、ものごとを「正確に」伝えること

記者会見するDeNAの守安功CEO(中央)ら(撮影:具志堅浩二)

 ネットメディアは何を目指すべきか。ネットメディアの使命とは何か。その答えは、テレビは60年以上、新聞は130年以上という長い歴史の中で追求してきたものと何ら変わることはありません。つまり、「世の中のものごとを“正確に”伝えること」。それこそが、ネットメディアに課せられた最大の使命ではないでしょうか。

 もちろん、メディアが世の中の情報を読者や視聴者に伝える過程の中では、取り上げる情報に対して様々な視点や切り口が生まれ、場合によっては意見や批評が乗り、世の中に向けて発信されることになります。しかし、その根本にある情報が誤ったものであったり、その情報が事実であるか否かの確認をしていない真偽不明のものだったり、誤解を与えるようなあいまいな内容であったり、ましてや他のメディアから盗用しただけのものであれば、読者や視聴者に対して情報の正確性を担保することはできません。

プレスリリースであっても再取材の対象にする

 筆者はかつて、ある大規模展示会のプレスルームで、外資系大手通信社の記者の仕事ぶりを目の当たりにして、自分自身の認識の甘さを痛感したことがあります。展示会では、出展企業から大量のプレスリリースや報道用資料が配布され、私たち記者・ライターはその資料と会場の取材を基に記事を制作します。私は資料の内容を読んで、取材メモを片手に、記事の内容に誤りがないよう注意しながら制作をしていました。

 しかしその通信社の記者は、資料に記載されている細かい事実内容をも、電話で企業の広報部に何度も再取材しているのです。プレスリリースや報道用資料は、記者がニュースの根幹となる事実の拠り所にする重要な資料です。しかし、その資料をも内容の正確性を疑い、誤った解釈がないように細かくチェックをする。そうした記者の姿勢に脱帽しました。

 メディアは、発信する情報のすべてについて、その正確性に対する責任を負う必要があり、そのメディアに記事を掲載する記者・ライターも同じ責任を果たす必要があります。誤った情報や真偽不明の情報を流布して世の中を混乱させてはならないという強い使命と強烈なプレッシャーを常に抱えているのです。

 冒頭に紹介したDeNAのキュレーションメディア問題では、クラウドソーシングサイトを通じて記事制作に携わる人材を大量に確保し、記事を量産していたといいます。記事制作に携わっていた方々は、こうした責任を少しでも感じていたでしょうか。メディアを通じて情報を発信するということは、簡単にできるものではないはずなのです。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします