東京メトロは11日、1月中旬に運行開始する銀座線1000系の特別仕様車両を報道陣に公開した。

[写真]報道公開された銀座線1000系の特別仕様車両

 公開されたのは、地下鉄開業当時(1927年)の銀座線旧1000系をモチーフにレトロ調デザインが導入された現在の1000系の特別仕様車両。外観、内装ともに量産車両よりさらに旧1000系のイメージに近づけた。

 外観では前灯を2灯から1灯に変更した。内装では赤茶色の床やシートの配色、真鍮色の手すりなど旧1000系の雰囲気を再現。つり革は「リコ式」の形状にし、室内灯は通常の蛍光色から電球色に調節が可能になった。

 ポイント部を通過する際に天井灯が消えて側面の予備灯がつくというかつての機能も加えられたほか、車両の製造会社の銘板も再現。新しいのにどこか懐かしい雰囲気の車両になった。

 この特別仕様車両の運行は1月17日から始まる予定。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします