豊洲地下水基準79倍ベンゼン検出、共産党都議団が会見(THE PAGE編集部)

時事通信:幹事社、時事通信のサイトウです。1つお聞きしたいのが、山崎委員長に申し入れをされたということなんですが、確か前回の専門家会議のあとに、豊洲の特別委員会って確か週明けすぐに、3日後か4日後に開かれたかと思うんですけれども、今回、それがセッティングされていないっていうのは何か事情があってのことなのか、教えていただけますでしょうか。

清水:尾崎さん。

尾崎:前回、理事会がありまして、1月中旬には2年間の地下水モニタリングの結果が分かるということは委員も理事も承知していたわけですけれども、1月はさまざまなスケジュールがあって、なかなかスケジュールを合わせるのが大変なので、1月は難しいなというようなことは理事会の中で委員長のほうから話がありました。ですから前回、特別委員会、やった以降の日程が決まってなかったんです。それで私たちはただちに開く必要があるということで申し入れをしたところです。ただ残念ながら直接、本人とは会えなかったので文書を置いてきたというところでございます。

時事通信:新年会があるとかっていうことを伺っているんですけれども、やっぱりもう、なるべく早い時期に、ということでよろしいんですかね。

※一部判別できない箇所がございますことをご了承ください。

【中継録画】豊洲地下水から基準79倍のベンゼン検出、共産党都議団が会見

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします