#01 待ったなしの地球の危機

「地球温暖化」。 誰もが聞いたことのある言葉のはずだ。この地球の危機は、すでに何十年にも渡って知られ、懸念されてきたにもかかわらず、決定的な対策もなく放置されてきた。

昨年末になるが、ハリウッドの名優レオナルド・デカプリオによる地球温暖化についてのドキュメンタリーを観た。北京の大気汚染、カナダのオイルサンド採掘場、北極の溶けゆく氷河や森林伐採の著しいインドネシアなど、世界各地を回りながら、環境保護主義者としても知られる彼が温暖化に関わる事実を目の当たりにしていく。なかなかの秀作で、僕も多くを学ばせてもらった。

温暖化の原因の3分の2は石油や石炭などの化石燃料からの排気、残りは森林伐採や牧畜などに起因する。頻繁な異常気象による洪水や干ばつ、熱波や寒波によって、毎年多くの人々が命を失うようになった。海面水位の上昇で水没の脅威にさらされる島や、水資源の不足、作物の生産高減少など、温暖化の危機は、もう待ったなしのところまできている。

(2015年4月/2005年8月撮影)

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします