動画をもっと見る

 東京電力が福島第一原発2号機の格納容器内部で行っている調査で、原子炉直下で30日、黒い塊が見つかったと報じられている。東電は午後6時半からの会見で、映像を公開する。

※現地の回線状況の都合で映像が乱れる場合があります。ご了承ください。

[写真]会見した東電ホールディングスの岡村祐一原子力・立地本部長代理

 この塊は、事故で溶け落ちた核燃料の可能性があるという。東電は来月から遠隔操作ロボットを使って詳しい調査を行う予定。

※THE PAGEではこの会見の模様をライブ配信します。