地球は46億年前に誕生したといわれています。そして生命は約40億年前に生まれ、わたしたちホモ・サピエンスの種が初めて現れたのは、およそ20万年前。地球の長い歴史を1年に置き換えた場合、人類は12月31日午後11時半過ぎにようやく出現したと例えられるほど、わたしたち人間の歩みは実は、とても短いものです。

 人類出現まで、地球はどのように環境を変えてきたのか―。古生物学者の池尻武仁博士(米国アラバマ自然史博物館客員研究員・アラバマ大地質科学部講師)が、前回に続き、大陸移動の研究について執筆します。

21世紀版大陸移動説(上) 生前に研究が認められなかったウェゲナーの悲劇

イメージ1:地球の内部構造。地殻(プレート)の移動は、マントルに位置するマグマの対流によって起こるとされる仮説が今のところ有力だ。(アフロのイメージをもとに作成)

 この記事は前回(「21世紀版大陸移動説(上)生前に研究が認められなかったウェゲナーの悲劇」)の続きだ。興味のある方はこちらで参照可能

その3:1960年代以降の再評価

 大陸移動を直接起こしたメカニズム(原動力)は、1960年代に入ってはじめて解明されていく。実にウェゲナーの死後(1930年)から30年以上の時が経っていた。

 そのメカニズムはほぼ「地球内部の構造」と大きく関わっているという見解で一致しているようだ。地球を卵に例えてみると、中心部の黄身にあたる部分が「コア(Core)」(=核)と呼ばれる部分だ。中間部の白身にあたる「マントル(Mantle)」は、地球の構造上約83%の体積を占める。地球の内側は非常に高温なのでドロドロに解けた鉄分をたっぷり含んだ物質(マグマ)でいっぱいだ。そして中心部にはより密度の高い物質で占められている。(イメージ1参照)

 そして卵の殻のように一番外側に位置する部分が「地殻(Lithosphere及びPlate)」だ。地球の外側に向かうほど基本的に気温が低くなる。そのため一番外側の地殻は、ほぼ岩石で形成されている。この地殻は大小さまざま30以上のピースから成る。ヒビの入ったゆで卵の殻のイメージに近い。大きなものでは太平洋プレートのように海洋のほぼ全体を占める。大西洋は(ウェゲナーが推測していたように)ほぼ中心線を境に東西二つのプレートから成る。大陸に位置しているものもいくつかある。

 こうした地殻のピースを「プレート」という。ウェゲナーの学説において移動するのは大陸のプレートだけでなく、海洋のプレートも含むことになる。「大陸移動」という言葉を鵜呑みにすると、この事実を見落とすかもしれない。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします