司会:はい、いかがでしょうか。じゃあ〓一番**00:16:41〓の。

読売新聞:読売新聞の〓オザワ 00:16:46〓です。平子さんにお伺いしたいんですけども、今まで入社してから思い出深い仕事だったり、印象深い仕事があったら教えていただきたいのと、先ほど篠辺社長が海外経験というお話もされたかと思うんですけども、ニューヨーク時代の何かエピソードがあれば教えてください。

平子:印象深い仕事はたくさんありまして、私も入社してこの4月でもう36年になります。その中で比較的本社勤務が長い人間だと、おそらく、会社の人、周りの人間は思ってると思うんですが。実際にフロントラインで仕事をしたっていう経験が、通算すると8年間ございました。
 最初の3年間が東京支店というところでセールスをやっておりました。そのあと2年間が羽田空港で旅客部長という、これは皆さんが空港に行って、チェックインするときに立ってる、チェックインエージェントの、その組織の親分なんですけれども、そこを2年間。

 それから最後3年間、米州室におりまして、都合8年間という、この現場の経験というのが非常に私にとっては印象深い仕事でした。特に新入社員のころは、冬になりますと東京-札幌線ががらがらになるという、こういった時期でありましたので、当時は北海道スキーツアーという、こういった商品造成をしましてですね。

【動画】全日空の篠辺社長が退任へ、平子氏が昇格 両氏が会見

この記事の続きをお読みいただくには、Yahoo!ニュースが提供するTHE PAGE プラスの購入が必要です。