東京電力は16日、福島第一原発2号機の格納容器内にサソリ型の調査ロボを投入したが、原子炉圧力容器直下まで到達できなかったことを発表した。

[画像]会見する原子力・立地本部の岡村祐一部長代理

 カメラや線量計を搭載した調査ロボは16日午前7時50分ごろ、格納容器の貫通部から作業用レールの上を進んだが、左側のキャタピラが動かなくなったため、午後3時過ぎに接続ケーブルを切断し、調査ロボをレール上に残したまま、調査を終了した。進んだ距離は2~3メートルほどだった。

 東電によると、放射線量や温度を測定できたと説明。レール上では毎時210シーベルトだった。東電では、圧力容器の真下までは調査ロボを入れられなかったが、線量や鮮明な撮影ができたとして「失敗ではない」としている。