蓮舫:民進党代表の蓮舫です。まずは連合の神津会長、慶應大学の井手先生、NPO法人キッズドアの渡辺理事長、アイルランド大使アン・バリントン閣下、素晴らしいあいさつをありがとうございました。真っすぐで率直な言葉が本当に胸に響きました。われわれが担わなければいけない責務をあらためて教えていただきました。お忙しい中、本当にありがとうございます。また、本日の定期大会には全国から多くの仲間が参集してくださいました。昨年の秋、代表就任以来、国会はもとより全国各地で、私は皆さんに支えられて今に至っています。あらためて、仲間にも心からお礼を申し上げます。ありがとうございます。

 さて、民進党の第1回目の定期大会は、私たちがこれから1年間の活動をしっかり歩んでいくための思いを共有する大会にしたいと思います。今、私たちは大きな時代の転換期にいます。それは政治の転換期でもあります。今から100年前の1918年、大正デモクラシーの大きな流れの中で、藩閥体制ではない本格的な最初の政党内閣が生まれました。その後、政党政治の発展とともに国民の声に応えた普通選挙が実現され、かなり遅れてではありますが、女性にも参政権が付与されました。

※判別できない箇所がございますことをご了承ください。

【中継録画】民進党が党大会 蓮舫代表「原発ゼロ」前倒しの意向表明

この記事の続きをお読みいただくには、Yahoo!ニュースが提供するTHE PAGE プラスの購入が必要です。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします