著作権の有無の問題とは別に、福井弁護士は今後、AIの作った文章の一部が、学習した元の文章と極めてよく似ている、いわば“コピペ”に近い状態だった場合、元の文章に対する著作権侵害問題が生じる可能性もあると指摘します。

 たとえば、自社が著作権を保有する記事だけを学習させるなら心配は不要ですが、ネット上にあるさまざまな著作権者の文章を学習対象とした場合、AIの文章作成能力次第でこうした問題は起こり得るかもしれません。

 AIによる文章作成に限らず、昨今は、元の文章を自動的に書き直す「リライトツール」も市販されています。福井弁護士は、これらも含めて「今後、われわれは元の素材に対する権利侵害の問題に直面しやすくなるのではないでしょうか」と予想しています。

(取材・文:具志堅浩二)

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします