秋山は最強の8番打者(写真:田村翔/アフロスポーツ)

 あの回の話である。
3度リードされ、その度にあきらめず追いついた熱闘。4番・筒香の3安打2打点も、山田の2本塁打も書かねばならないが、ハイライトは5-5で迎えた8回である。

 まず松田が塁にでた。

「何が起こるかわからない。全力で走った」。ショート正面のゴロは平凡な2つ目のアウトを数えるところだったが、送球が低い。一塁手が体を伸ばしグラブにおさまりかけてこぼれた。勝利の綾が少し動いた瞬間だった。そして「8番・秋山」。オランダ戦に続く起用だが、2次ラウンドに入って、この8番、秋山が実に効いているのだ。

 秋山は「最初、スライダーを狙っていたんです。でも咄嗟にバットが出た。イメージとは違うところへ飛んだんですが、結果オーライです」。前の松田への配球や、打球の質までを判断して、狙い球を絞る。イメージとしてはスライダーを引っ張って、一、三塁、あるいは、最悪、松田を進塁させる貢献打が頭にあった。だが初球のスライダーをファウルしたことで、秋山は反応の人となり、レフト前へとうまく押し込み打球を落とした。ふらっと上がった打球も幸い、松田も迷うことのない好走塁で三塁を落とす。
「あそこで、三塁をとれたのが大きかったと思う」とは、熱男の回想。

 一死一、三塁。
 秋山に8番の役割を聞いた。
「一人では何もできない。ホームランバッターじゃないので返すというよりも、つなげば、が点になる。前後の展開を考えて何をすべきかを考えることが仕事だと思っています。今日は、うしろの誠司(小林)が当たっているので、彼につなぐことを考えていました。上位につなぐというところまでの意識は持っていないんです」

 おそらくプロに来るバッターで、アマチュア時代に8番を打った経験のある人は少ないと思うが、秋山は、「どうなんすかね。小学校くらいには僕も打っているんじゃないですかねえ。そんな頃から、8番を打たずにプロに来る人って、よっぽどじゃないっすか」と言って笑った。
 そのよっぽどの人たちが集う集団で、2年前に最多安打記録を更新した西武を代表するよっぽどの人が「8番という仕事」を全うしている。足もあり、簡単には終わらず、どんな投手にも対応ができる。

 「最強の8番」と呼んでいいだろう。

 阪神との強化試合で右足の小指に死球を受け痛めた。稲葉打撃コーチは「我慢してやってくれているんでしょう」と心配するが、秋山は「きっと、どこも痛くない、悪くないっていう選手なんかいませんよ」と多くを語ろうとしなかった。こういうプロフェッショナルが8番にいるのだから負けないはずである。