東芝が決算発表を再延期へ 綱川智社長らが会見(THE PAGE編集部)

東洋経済新報社:すいません、東洋経済、〓ヤマダ 00:46:19〓と申します。私も3点ございます。1点目が、ウェスチングハウスというか海外の原子力部門のリスク遮断のところなんですけれども、ここをもう少し詳しく教えてください。チャプター11については、まだたぶん言及できないと思うんですけれども、このまま持っていた場合の、まず、今、7000のコスト増というか7000の損失なんですけれども、これが膨らむ可能性というのをどう見ていらっしゃるのか。工事の遅れの今の指摘と、工事の遅れに伴う20年以降の税制の問題というのもありますので、ここがどうなっているのかについて教えてください。
 それともう1つ、リスクの遮断というのが何を意味するか分からないんですけども、した場合の、今の前段の質問もありましたけれども、した場合の、どのぐらいの損失を考えればいいのかについてもう少し教えてください。これが1点目です。

畠澤:原子力を担当しております畠澤と申します。ウェスチングハウスのリスク遮断という部分につきましては、今、ご指摘のあったとおり、チャプター11等についてはいまだ何も決まっていないという状況です。この中で7100という数字が今後どういうふうに下振れしたりするリスクがあるかということだったと思っておりますが、前回、2月にもご説明いたしましたが、今回の評価におきましては、将来に掛かるであろうコストを保守的に見積もるということで数字を算定したものであります。ということで、ここの部分については大きな数字の変更がないものと、私どもとしては考えております。

※一部、判別できない箇所がございますことをご了承ください。

【中継録画】東芝が決算発表を再延期 綱川社長らが会見