ロイター:ロイターの〓タケモト 00:40:34〓といいます。2つございます。原油の価格なんですけども、直近、急ピッチで下げております。日本の物価がアダプティブなんであれば、これは期待インフレ率に影響を与えうるというべきなのか、一時的ということで、現時点で〓***難しいのか 00:40:51〓ご所見、お願いします。

 2つ目は、きのうのFOMCのドットチャートを見ますと3回、利上げするということになってますが、これは日本銀行にとっては緩和効果が高まって好ましいという理解でよろしいのか。前の財務官の渡邊博史さんが日米金利差、10年で400ベーシスぐらい近づくと、ちょっと国際批判が〓かまびすしく 00:41:17〓なるんではないかとご心配されているんですが、その辺のお考えをお願いします。

黒田:まず第1点ですけども、原油価格は非常に変動しますし、短期的な動きがなかなか予見しがたいところがあります。このところ、50ドルを割ったり、50ドルの上にいったりというようなことをしておりまして、一頃の55ドル前後より、ちょっと下がってることは事実であります。ただそれがどういう理由でそうなってるのかっていうことについてはいろんな議論があって、まだはっきりしておりません。

※判別できない箇所がございますことをご了承ください。

【中継録画】日銀が金融緩和策を維持 黒田総裁が午後3時半から会見

この記事の続きをお読みいただくには、Yahoo!ニュースが提供するTHE PAGE プラスの購入が必要です。