カブスのマドン監督に絶賛された宮西(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

 WBCの準決勝に進む侍ジャパンが18日(日本時間19日)、アリゾナ州メサでカブスとの強化試合を行い、日本は4-6で敗れたが、カブスのマドン監督には様々なインスピレーションを与えたようだ。

 カブスの公式ホームページは、さっそくこの試合をレポート。同記事の中でカブスのマドン監督は、「日本の選手のなかでメジャーでプレーできる準備ができているのは誰か」という質問に、「ピッチャーはみんなメジャーでプレーすることができる」と発言。そして、特に印象を受けた選手として日ハムの変則左腕、宮西の名前を挙げた。

 宮西は、この日のゲームで、7回から登板。シーザーを三振にとり、代打・デイビスに左前打を許したが、発布を一塁ゴロ、タイムリーを放っていたカンデラリオもレフトフライに打ち取り、カブスの打者のタイミングをはずしてきりきり舞いさせていた。
 また一回にレフトへ引っ張って先制のソロアーチを放った菊池について、「菊池は、カブスの先発、ジョン・ラッキーの球を左翼へホームランし、時差ボケの影響などを全く感じさせなかった」と表現した。

 昨年ワールドシリーズの優勝監督、マドン監督が、日本野球のファンであるとも伝え、約30年前にアリゾナの育成リーグで巨人と対戦したことが日本野球との出会いだったという。

 マドン監督は、当時の日本野球についての印象を、「私はいつも彼らの戦い方の大ファンだった。ピッチャーたちがいつもストライクゾーンの低めにボールを集める能力が印象的だった。キャッチャーは本当にタフ。ブロックすることも、送球も良いと思った」と語った。

 一方で、マドン監督は「1番・遊撃手」として川崎を先発で起用していた。同記事によると、マドン監督は、WBCプエルトリコ代表で活躍する、カブスの内野手、ハビアー・バエズと重ね合わせて、川崎をたたえたという。
 「彼はハビー・カワサキだったね。カワサキは素晴らしい守備、素晴らしい走塁で、変化を起こすことができる選手。彼がとてもエネルギーにあふれてプレーしていたのを見ていただろう。私は彼が日本に向けて、彼の能力を見せて欲しいと思っていた」

 百戦錬磨のマドン監督は、WBCの準決勝に進んだ日本チームへのアドバイスとして「全力でプレーし、そして楽しんで」と話し、日本チームが準決勝を戦うドジャースタジアムについても、ユニークな助言をしたようだ。