格安旅行の「てるみくらぶ」破産で社長が会見(THE PAGE編集部)

読売新聞:読売新聞の〓オクムラ 00:27:43〓といいます。山田社長に伺いたいのですが、繰り返しになるのですけれども、利用者からしてみれば代金を振り込んだのにチケットも出ないし、そもそも向こうに行けないと。そういう方がこれだけいらっしゃるっていうのは、中には詐欺じゃないかというような声もあるかと思うのですが、この点について、もう一度、どういうふうに捉えていらっしゃるか教えてください。

山田:本当に、本当に申し訳ないと思っておりますが、詐欺を働くとかそんなこと最初から、毛頭考えておりません。とにかくお客さまに安くていい商品をと思って、ずっと何十年やってきまして、銀行のことは言っちゃ駄目ですか。

 すいません、とにかく最後の最後まで、23日のIATAの支払いもめどが付いたと思っていたところ、事情により22日の夕方、それが駄目になったということが分かって、そこから23日の支払いの時間まで努力してきましたけれども、結局届かず、IATAのデフォルトをしたところで、うわさが全部広まってしまって、取引先が受けてくれなくなって、どんどん悪くなってしまった、そういうことでございます。

読売新聞:経営の見通しだとか、そういったのは〓机上 00:29:31〓の見立てなのですか。甘くて、そもそも経営の方法がずさんだったと、そういうことなのでしょうか。

山田:そう言われれば、おっしゃるとおりでございます。

読売新聞:もう一度教えてください。旅行会社を経営するのはこれが初めてなのですか。

※一部、判別できない箇所がございますことをご了承ください。

【中継録画】発券トラブルの「てるみくらぶ」破産で山田社長らが会見

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします