親しい人への報告はどのようにされたのか?

フジテレビ:はい。代表質問、幹事社フジテレビ西岡です。よろしくお願いします。

浅田:よろしくお願いします。

フジテレビ:まずはお疲れさまでした。

浅田:ありがとうございます。

フジテレビ:2日前、ブログで引退を発表されて、あらためて今、どんな心境でしょうか。

浅田:いや、まず本当に今日、この場に立ったときに、入ってきたときに、本当にこれだけのたくさんの方がいらしてくださっていたので、私自身ちょっとびっくりしたんですけど、今ちょっと落ち着いています。

フジテレビ:いろんな人から引退のあとに言葉を掛けられたと思います。何か印象に残った言葉というのはありましたか。

浅田:そうですね。発表してからは本当にたくさんの方が連絡をくださったんですけど、皆さん、本当にお疲れさまっていう言葉を掛けてくださったので、私自身も、ああ、なんか、選手生活終わるんだなっていう気持ちになりました。

フジテレビ:親しい人への報告というのは、どのような形でされましたか。

浅田:そうですね。少し前ですけど、家族だったり友達に報告しました。

フジテレビ:何か印象に残る言葉とかありましたか。

浅田:いやもうみんな、お疲れさまって、よく頑張ったねって言ってくれました。

フジテレビ:引退を決めたきっかけについて伺います。具体的にどのぐらいの時期から引退ということを考えたのでしょうか。

浅田:そうですね。私は復帰してからいい形でスタートできたんですけど、やはりそこから練習をするにつれて、試合に出るにつれて、やっぱり今のスケート界の時代はすごいので、私自身も付いていけるのかなっていう思いが強くなったり、あとはやっぱり気持ちであったり体の部分で、やっぱり復帰前よりも少しつらいことのほうが多くなりました。で、なんとか1シーズンは乗り切れたんですけど、2シーズン目からは、なんとかなんとか頑張ろうっていう思いだけでやってきました。でも、やっぱり最後の全日本選手権で、あ、もう、なんだろう。もういいんじゃないかなっていうふうに思いました。

フジテレビ:その全日本選手権から今まで3カ月近くありましたけれども、その間はどんな思いだったんですか。迷いも含めていかがですか。

浅田:そうですね。やはり自分が復帰してから、ずっと掲げてきた、やっぱり平昌オリンピックに出るっていう目標があったので、私自身、すごくそこで自分で言ってしまったこと、自分が目標をやり遂げなきゃいけないと思っていたので、その自分の言ってしまったこととの葛藤はずっとありました。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします