ジャーナリストらが「共謀罪」めぐり記者会見(THE PAGE編集部)

岩上:ジャーナリストでインターネット報道メディア、IWJの代表の岩上安身と申します。よろしくお願いします。テレビのキャスターの方々が中心になってお声を上げていると。これまでも何回か繰り返されまして、私どももその模様を中継しておりました。先日、金平さんから電話がかかってきまして、非常に切迫した口調で、今さっきから出ている文言、弱気な文言ですね。もう遅いかもしれないんだけど、でももうなんとかやりたいんだ、後悔したくないんだ。で、テレビだけではなくてインターネットメディアにも声を掛けたいと、出てくれないかと。こういうお話でした。

 もちろんすぐ快諾して、参加させていただきますというご返事はしたんですけれども、しかし、まだ一般の人から見れば、テレビ局のキャスターと、それからしがないインターネットメディアというのはだいぶ落差があって、だいぶ広がりが増えたかと、こんなふうに見えるかもしれませんが、それでも一般の人から見れば顔、名前を出して活動している人間というのは特別な人間なんだと。覚悟があって、なんかあったら先頭を切って逮捕されることも辞さない覚悟ができている人間なんだと、そういうふうに見られてる、ここ、一線引かれてると思うんですけども、覚悟なんかはできておりません。大変怖いと思いながらやっている、普通の市民の1人、私はそういう1人です。

※一部、判別できない箇所がございますことをご了承ください。

【中継録画】田原総一朗氏、小林よしのり氏ら会見「共謀罪」を批判