#01 エネルギー資源開発の景気に沸いていた 内モンゴル自治区

高速道路のトラック渋滞 内モンゴル自治区(撮影:村田次郎)

建設中のマンション群 フフホト市(撮影:村田次郎)

 この数年、経済成長に陰りを見せ始めた中国。発展のために必要不可欠なのが、広大な国土に眠るエネルギー資源の確保だ。内モンゴル自治区は、石炭や天然ガス、レアースの生産量は中国一を誇る。

 これらの鉱物資源開発によって、内モンゴル自治区の経済成長率は毎年右肩上がりが続いてきた。しかし、それも2013年の石炭、不動産投資バブル崩壊までだった。

 僕が内モンゴル自治区を訪れたのは2011年、石炭バブル崩壊の前で、まだ街は活気づいていた。高速道路や幹線道路はどこも、石炭などを載せたトラックで渋滞が起きていた。これらの資源開発の恩恵を受けているのは漢民族たちである。当局の長年に渡る漢民族移入政策は、この内モンゴル自治区でも功を奏した。現在、内モンゴル自治区のモンゴル族は、わずか2割以下で漢民族はおよそ8割を占める。支配する漢民族と、支配されるモンゴル族という図式がそこにはある。これはチベット自治区、新疆ウイグル自治区でも、同じようなことが起きている。

中国 内モンゴル自治区  2011年7月