司会:続きまして平田より、業績の見通し、概要につきましてご説明申し上げます。

平田:それでは17年度の業績見通し、および17年度の見通しということで私のほうからご説明をさせていただきたいと思います。お手元のパワーポイントをお開きください。まず5ページでございます。

 業績見通しの説明に先立ちまして、まずウェスティングハウス社のグループによる、米国連邦倒産法第11章に基づく再生手続き、いわゆるチャプター11でございますけれども、この申し立てに伴う当社の連結財務諸表への影響をご説明させていただきたいと思います。

 まず第1に、チャプター11申し立てに伴い、2016年度決算から、ウェスチングハウスグループは連結対象から除外されるということになります。第2に、2016年度決算において、ウェスチングハウスグループは、非継続事業に区分されます。結果として、連結損益計算書上の売上高、営業利益、税引き前損益などの各ラインから除外をされ、非継続事業当期純損益の中で表示をされるということになります。

 6ページをご覧ください。一番左のA欄にはですね、3月14日にご説明をさせていただいた16年度業績見通しを記載してございます。その右、B欄には、サードクオーター決算時にご説明をした、ウェスチングハウスグループのチャプター11申し立ての影響を反映した、16年度業績見通しを記載してございます。サードクオーター決算時は、当期純損益のみの説明をさせていただきましたけれども、売上高等のその他の項目は、その時点での想定値となってございます。差異の欄に記載しておりますとおり、チャプター11申し立てに伴う影響額などを、当期純損益でマイナス6200億円と想定いたしましたため、追加悪化影響後の当期純損益はB欄のマイナス1兆100億円となっておりました。なお、この時点では、ウェスチングハウスグループの非継続事業化による会計処理は検討中であったため、非継続事業とはしておりませんでした。

【中継録画】東芝 3月期業績見通しについて 綱川社長らが会見

この記事の続きをお読みいただくには、Yahoo!ニュースが提供するTHE PAGE プラスの購入が必要です。