山口敏太郎(右)、自民党副幹事長の後藤田正純氏も祝福に駆けつけた(撮影:志和浩司)

 作家でオカルト研究家の山口敏太郎氏が、自身の会社タートルカンパニー創立10年目突入を記念し、13日に都内でパーティーを開催した。政界、芸能界、スポーツ界、霊界などさまざまなジャンルから多彩なゲストが出席、山口氏を祝った。

一時は資金17万円のピンチ 神風で持ちこたえきた10年間

挨拶に立つ山口氏。50代に突入し、ますます張り切る(中央、撮影:志和浩司)

 山口氏は10年前の5月、会社登記。オカルトで会社登記するのは初めてのケースだったそうだ。

 「正直、10年持つと思わなかった。途中で何度も危機があり、そのたび神風が吹いて持ちこたえた。妖怪博物館を作ったときは資金が17万円しかなく、社員を集め『落城は近い』と言ったこともある。そのときは妖怪ウォッチブームが突如起こり、奇跡的に業績が回復。世の中、人生ってのはわからないもんやなと」

 パーティーでは、山口氏の故郷・徳島にゆかりある衆議院議員・後藤田正純氏をはじめ、プロレスラー、アイドル、芸人、歌手……さまざまなゲストが続々と登壇、祝宴を彩った。

アイドルユニット・バクステ外神田一丁目からは垣原綾乃。写真右の元プロレスラー・垣原賢人の愛娘だ(撮影:志和浩司)

 「50代になって無理はできない」という山口氏だが、”オカルト・スピリチュアル界”の動乱期を天下布武し、安息と健全化を目指す”タートルカンパニーを、今後どのように舵取りしていくのか。

アイスリボン所属のプロレスラー・松本都が、プロレスリング侍志團所属のプロレスラー・刃駈にチョップを叩き込む(撮影:志和浩司)

 なお、オカルトや不思議な現象にちなみつつ、日本各地の町おこしにも積極的に携わってきた山口氏だが、最近では千葉県銚子市に力を入れている。グラビアアイドルの疋田紗也と行く不思議・まじ?かるツアー2017銚子編を27日に開催するとのことだ。

(取材・文・撮影:志和浩司)