飛び級で加わった久保建英(写真:田村翔/アフロスポーツ)

 初戦がすべて――。
 5月20日から韓国で開催されるU−20ワールドカップに出場する、若き日本代表のことだ。
 2年に一度行われる、このサッカーの20歳以下の国際大会に、U−20日本代表が出場するのは、実に5大会ぶりのことになる。最後の出場となったのは2007年のカナダ大会。当時のメンバーは、今や日本代表でもベテランの域に入る槙野智章、森重真人、柏木陽介、内田篤人だったから、隔世の感がある。

 かつてジュビロ磐田を率いた内山篤監督が指揮を執る現U−20日本代表は、昨年10月にバーレーンで行われたU−19アジア選手権で10年ぶりに世界への扉をこじ開けただけでなく、準決勝でベトナムを3−0と退け、決勝ではサウジアラビアを0−0からPK戦の末に下してアジアの頂点に輝いた。

 日本がU−19アジア選手権で優勝したのは、初めてのこと。つまり、99年のワールドユース(現U−20ワールドカップ)で準優勝に輝いた小野伸二、高原直泰、本山雅志、稲本潤一ら“黄金世代”も果たせなかった快挙を成し遂げたのだ。

 チームの主軸を担うのは、このチームのエースであり、先日のルヴァンカップでハットトリックを決めたFW小川航基(ジュビロ磐田)、ディフェンスリーダーで、プロ2年目の昨季からJ1クラブで堂々とレギュラーを張るDF中山雄太(柏レイソル)、左利きのファンタジスタで、U−19アジア選手権でMVPに輝いたMF堂安律(ガンバ大阪)、同じく左利きのアタッカーで、繊細なボールタッチと的確なコース取りのドリブルで攻撃をリードするMF三好康児(川崎フロンターレ)といった選手たち。

 そこに、予選終了後、FCバルセロナの下部組織でプレーした経験のあるFW久保建英(FC東京U−18)が15歳ながら飛び級で加わったのだから、どこまで勝ち上がれるのか、期待は自ずと高まるというものだ。
 もっとも、日本が組み込まれたグループDは、一筋縄ではいかない強豪揃いだ。

 初戦の相手である南アフリカ(21日17時)はアフリカ予選4位とはいえ、予選で強豪のカメルーンを撃破。準決勝では延長の末に敗れたものの、優勝したザンビアと互角の勝負を演じるなど、侮れない相手。警戒すべきは、予選におけるチーム内得点王で、右ウイングのルーザー・シング(ブラガ/ポルトガル)と、同じくポルトガルでプレーする長身ストライカーのリアム・ジョーダン(スポルティング/ポルトガル)。カウンターに転じた瞬間、矢のように相手DFの裏へと走り抜けるスピーディかつ迫力のある攻撃が持ち味だ。
  

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします