動画をもっと見る

 ダウンジャケットにニット帽、手袋……、いつもより膨らんだスーツケースを転がし成田へ。ヘルシンキ経由で北極圏に位置するアイスランドに向かった。国名からイメージしていた“氷の国”は想像を超えていた。

フォト・ジャーナル<息づく大地:ホットなアイスランド>-倉谷清文第5回

デティフォス“落ちる滝”(撮影:倉谷清文)

 アイスランドの大自然の風景は見ていて飽きない。国内に多く存在する滝。なかでもデティフォス(アイスランド語で“落ちる滝”の意)は、幅100m、落差45m、その水量はなんと毎秒約200トン。ヨーロッパで「最強」と称されている。

 溶岩の大地が裂け、そこに大量の水が流れ込む光景は圧巻だ。リドリー・スコット監督の映画「プロメテウス」のオープニングシーンにも使われたロケ地としても有名だ。

(2017年4月撮影・文:倉谷清文)

※この記事はTHE PAGEの写真家・倉谷清文さんの「フォト・ジャーナル<息づく大地:ホットなアイスランド>-倉谷清文第5回」の一部を抜粋しました。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします