ダウンジャケットにニット帽、手袋……、いつもより膨らんだスーツケースを転がし成田へ。ヘルシンキ経由で北極圏に位置するアイスランドに向かった。国名からイメージしていた“氷の国”は想像を超えていた。

フォト・ジャーナル<息づく大地:ホットなアイスランド>-倉谷清文第5回

ミーヴァトン湖(撮影・倉谷清文)

 アイスランド南西部の観光エリア“ゴールデン・サークル”に対して、北部の“ダイヤモンド・リング”と言われる観光エリアの拠点ともなるミーヴァトン湖。アイスランド語で“蚊の湖”というこの湖はその名のとおりユスリカの繁殖地で、その幼虫などを餌に多くの水鳥が生息しているという。

 ここにはマリモも生息していて、球状のマリモが生息しているのは日本の阿寒湖とここだけだそうだ。広がる風景は違うが同じ火山国といい、なにか日本と近い気がした。火山噴火による溶岩によって形成されたため、水深も約2mと意外と浅く、湖周辺には水蒸気爆発で起きたクレーターが多く残っている。

(2017年4月撮影・文:倉谷清文)

※この記事はTHE PAGEの写真家・倉谷清文さんの「フォト・ジャーナル<息づく大地:ホットなアイスランド>-倉谷清文第5回」の一部を抜粋しました。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします