女子ゴルフ 宮里藍選手が引退会見(THE PAGE編集部)

司会:続きまして、新聞を代表して、スポーツニッポンさんです。お願いします。

スポーツニッポン:新聞各社を代表して、スポーツニッポンの〓*クナガ 0015:26〓と申します。新聞各社を代表していくつか質問させていただきます。まずは、まだ残り試合ありますけれども、お疲れさまでした。いろいろ。

宮里:ありがとうございます。

スポーツニッポン:メディアに協力的な。

宮里:(笑)。ありがとうございます。

スポーツニッポン:活動をやっていただきましてありがとうございました。プロになって15年、いろんな試合があったと思うんですけれども、一番思い出に残っている試合、それから、一番印象に残っているショットなどありましたら教えてください。

宮里:そうですね。でもやはり、アマチュアで勝った、ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンは、自分の中でも、もう本当にターニングポイントになった試合ですので、あの試合なくしては今の自分はないですし、今、ぱっと思い浮かんだのがその試合だったんですけれども。アメリカツアーではやっぱり、エビアン・マスターズの初優勝がとても記憶に残っていて、4年かかってもぎ取った優勝だったので、すごく自分の中でも達成感はありましたし。で、また、ちょうどその前に、ドライバーのスランプもあったので、プレーオフの18番のティショットっていうのはすごく自分の中でも、スランプを乗り越えた一瞬だったと思うので、そのショットはすごくよく覚えてます。

※一部、判別できない箇所がございますことをご了承ください。

【全編動画】女子ゴルフ・宮里藍選手が今季で現役引退 会見で心境語る