最新の「政令市」議会改革度ランキング、数字の赤は前回調査より上位、黄は同じ順位=早稲田大学マニフェスト研究所「議会改革度2016」より作成

 地方議会の改革度を調べている早稲田大学マニフェスト研究所は14日、「議会改革度調査2016」のデータを基に、政令市、中核市、東京23区それぞれの最新ランキングを発表した。政令市では1位が堺市議会、中核市では大津市議会がトップとなった。東京23区は1位が品川区議会だったが、先に公開した全地方議会対象の全国ランキング上位300内に入ったのはこの品川区議会のみで、東京23区議会は、全国的にみて、改革の取り組みが遅れている様子が明らかになった。

政令市トップ4は3年連続変わらず

最新の「中核市」議会改革度ランキング、数字の赤は前回調査より上位、黄色は同じ順位、青は今回から中核市になりランキングの対象となった市=早稲田大学マニフェスト研究所「議会改革度2016」より作成

 同研究所は2010年度からアンケート調査を実施。今回は全地方議会1788議会のうち、1347議会(回答率75.3%)から回答を得た。

 政令市のランキングでは、1位堺市議会(最新全国ランキング7位)、2位 京都市会 (同10位)、3位 神戸市会 (同71位)、4位 新潟市議会 (同94位)となり、トップ4は3年連続変わっていない。5位は、過去3年間に3本の政策型議員提案条例を提出している静岡市議会が入った(前年度政令市ランキング12位、最新全国ランキング131位)。

 中核市ランキングも大津市議会(全国ランキング2位)が3年連続のトップ。2位呉市議会(前年度中核市ランキング3位、最新全国ランキング34位)、3位横須賀市議会(前年度中核市ランキング13位、最新全国ランキング59位)、4位大分市議会(前年度中核市ランキング2位、最新全国ランキング60位)、5位枚方市議会(前年度中核市ランキング6位、最新全国ランキング86位)だった。

 呉市議会は議員・議会の調査研究活動強化のため議会図書室に司書を配置、横須賀市議会は大学との連携で外部視点を取り入れる仕組みを導入した。