セ・パ交流戦の最終戦が18日、各地で行われ、混沌としていた最高勝率チーム争いは、ソフトバンクが広島を7-4で下して3年連続で交流戦の頂点に立った。ソフトバンクと広島は12勝6敗で並んだが、直接対決でソフトバンクが2勝1敗と広島に勝ち越したため、最高勝率チームとなった。2015年からセ、パ両リーグの対抗戦で勝ち越したリーグの上位から賞金分配を決める方式に変更されて、優勝チームでなく最高勝率チームとされることになったが、以前の優勝を含めるとソフトバンクは通算7度目の交流戦覇者となった。また横浜DeNA対オリックスは雨天中心となったが、阪神、ヤクルトが、それぞれ楽天、日ハムに敗れたため、セ・リーグは今年もパ・リーグに勝ち越せなかった。

 “優勝チーム”を決めるのにふさわしい激戦となった。
 ソフトバンクか、広島か、1勝1敗で迎えた第3戦は勝った方が最高勝率チームとなる直接対決になったが、打線を改造してきたソフトバンクが先手を取る。

 広島の先発、中村の立ち上がりを攻めて、二死二塁から4番に入った松田。内野に平凡なフライを打ち上げてしまったが、太陽と重なり、名手・菊池が見失う。セカンドベースの前付近でポーンと打球がはねるラッキーな先制のタイムリー内野安打になったのだ。
 広島も、その裏、二死から、絶好調の丸のライト前ヒットからチャンスを広げてエルドレッドのタイムリーで同点にするが、中村の制球が安定しない。

 二回に2つの四球から一死一、二塁のピンチを背負うと、甲斐に勝ち越しのレフト前タイムリーを打たれ、二死二、三塁となってから福田にも2点タイムリーを許して2回持たずにKO。1-4とリードを広げられた。
 それでも広島は、その裏、田中のタイムリーで1点を返す。

 ソフトバンクベンチの動きも早かった。3回に先発の左腕・山田が丸を三振に斬ると岡本にスイッチ。短期決戦型の継投で広島の反撃を許さない。
 4番・松田が続けて存在感を示す。5回に広島2番手の九里から今宮がセンター前ヒットで出塁。二死から盗塁を決め、得点圏に進むと、松田が三遊間にこの日2本目のタイムリー。1点を追加した。

 3点のリードを守るソフトバンクは決死の継投策。5回裏も一死から菊池にセンター前ヒットを打たれると丸のところで左腕の飯田をワンポイント。四球を与えてしまったが、すぐに五十嵐と交替。鈴木を三球三振、エルドレッドをレフトフライに抑えた。

 ゲームの主導権を握るソフトバンクは8回に貴重な追加点。一死から上林が一塁新井のトンネルの失策で出塁すると二盗に成功。高田が左中間にタイムリー三塁打を放ち、さらに一死三塁から甲斐がスクイズで、もう1点をもぎとり7-2のスコアを刻む。守っては7回から嘉弥真。8回一死からは森とつなぎ、9回はサファテの磐石リレー。一死一塁から代打・松山のレフトへの2ランなどを浴び3点差に迫られたが、最速158キロのストレートを武器に、なんとか逃げ切った。内川、デスパイネが故障で抜けるなど苦しいチーム状況の中で、機動力をうまく絡めながら“交流戦強者”のプライドを守った。
 

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします