エアバッグの大規模リコール問題で経営悪化していたタカタは26日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。同社は午前11時半から記者会見する。

[写真]エアバッグのリコール問題で民事再生法を申請したタカタ。写真は2015年11月の会見に出席した高田重久会長兼社長(ロイター/アフロ)

 会見には高田重久会長兼社長らが出席する予定。

 報道によると、負債総額は1兆円を超え、国内の製造業としては戦後最大の経営破綻とされている。

※THE PAGEではこの会見の模様をライブ配信します。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします