ロケットのベンチャー企業「インターステラテクノロジズ」(北海道大樹町)が開発を進める観測ロケット「MOMO」初号機の打ち上げ実験実施について、同社は6日午後3時半から都内で記者会見を行う。

 会見には社長の稲川貴大氏のほか、取締役の堀江貴文氏らも出席する。

[写真]会見する堀江貴文氏(THE PAGE編集部)

 MOMOは全長9.9メートル、重さ1トンの小型ロケット。最大20キロの実験・観測機器を搭載し、高度100キロの宇宙空間まで到達する性能を持つ。打ち上げに成功すれば、民間企業が主体で開発したロケットとしては日本初の宇宙空間到達になる。

[写真]会見の模様(THE PAGE編集部)

※THE PAGEではこの会見の模様をライブ配信します。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします