第157回芥川賞受賞の沼田真佑氏が会見(THE PAGE編集部)

西日本新聞:西日本新聞社の〓オガワ 00:05:07〓と申しますけれども、ご受賞おめでとうございます。

沼田:ありがとうございます。

西日本新聞:ちょっと関連してですけれども、震災が起きたときは福岡市におられたと思うんですけれども、そのときはどういう思い、遠くで見つめてどういう思いだったのかと。あと、岩手に移住されて、またどういう気持ちの変化があったのかを教えてほしいんですけれども。

沼田:博多にいるときは、ちょっと東北ということで、距離的なことですけど、距離があるということで、ちょっと震災に関する意識とまで言い切ってしまうとちょっとあれなんですけど、が、割と薄い感じは。博多にいる人にちょっと失礼ですけど、勝手に、自分が北日本のルーツがあるんで、そういう義憤みたいのがありましたね。で、2012年に岩手に移って以来は、また世間で言う震災とは別の、庶民的な感覚における被災の形みたいのを感じました。

西日本新聞:あと、ご両親にはご報告なさったんでしょうか。

※一部、判別できない箇所がございますことをご了承ください。

【中継録画】第157回芥川・直木賞発表 沼田氏が受賞会見、佐藤氏は電話で

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします