#01 博物館入り口はISが開けた穴

(2017年4月29日撮影)

ISと激戦が続いた前線地帯。そのほど近いところにモスル博物館はある。ここは首都バグダッドの国立博物館に次ぐ、イラク第二の博物館で、ハトラ、ニネヴェの傑作と称される彫像も収蔵されていた。

 しかし、この博物館への入り口は正門ではない。壊れた外壁からこっそりと敷地内へと入っていく。ISとの前線は数ブロック先にスナイパーがいるため、ヘルメットと防弾ベストを着たまま、走って建物の陰から陰へと移動していくのだ。ISが占拠時に博物館の壁に開けた穴から、頭を低くしてくぐり抜けてやっと中に入れた。

 2015年の2月の終わり、ISはここに収蔵される数千年前の彫像を倒し粉々にする映像を公開した。その映像の中で、戦闘員の一人は「預言者の命令に従い、偶像を破壊した。私の背後にある遺跡は、かつて人々がアラーの代わりに崇拝した偶像や彫像だ」と主張した。