国内で唯一、アプト式機関車が走る大井川鐡道井川線(千頭ー井川駅、25.5キロ)。南アルプスあぷとラインの名称で親しまれ、訪れた人は渓谷を縫って走るマッチ箱のような赤いミニ列車に魅了される。しかし、そもそも同線がアプト式鉄道となったのはどういう理由からなのだろうか? 夏休みで賑わう大井川鐡道井川線を取材した。

アプトいちしろ駅でアプト式機関車(右)と連結する

 レールの真ん中に歯車を敷き、アプト式機関車の床下の歯車とかみ合わせて走るアプト式鉄道として知られる大井川鐡道井川線。アプト式機関車がけん引するのはアプトいちしろ駅と長島ダム駅間の約1.5キロの区間。千頭駅を出発した井川線の赤いミニ列車は、いくつかの駅を過ぎてアプトいちしろ駅に至ると、同駅でアプト式機関車と連結する。

 連結の際は、多くの乗客がホームに降りてその様子を撮影するので、ちょっとした撮影会のようだ。赤いミニ列車は連結されたアプト式機関車に押されながら約1.5キロの急勾配を登り、長島ダム駅に至り、同駅でアプト式機関車は役割を終えて切り離される。

アプトいちしろ駅の横にある旧井川線のトンネル

 アプトいちしろ駅のホーム横に、小さなトンネルの入り口があった。井川線がアプト式になったのは1990(平成2)年10月から。トンネルは、アプト式になる以前に井川線が通っていた旧線時代に使われていたもの。千頭から井川に至る井川線が開通したのは1954(昭和29)年。開通してから1990年10月までアプト式は採用されていなかったのだ。

 井川線旧線を伝えるトンネルは約370メートルあり、今は遊歩道のコースの一部になっている。照明はなくトンネル内は真っ暗なのでトンネルの中を行くのには少々勇気がいる。しかも、コウモリが棲息しているらしい。トンネル内は真夏でもかなりヒンヤリしており、天井は岩石がむき出しとなっているところが多く、時折、水滴も落ちてくる。若干、洞窟探検のようなスリリングさがある。

トンネル内。地面にはかつての線路の跡も

 トンネルを抜けるとキャンプ場が広がり、キャンプ場の前面には長島ダム、そして、その向こうにアプト式機関車に押されて急勾配を登る現在の井川線が見えた。キャンプ場は地元の本川根町が運営するアプトいちしろキャンプ場だ。

 同キャンプ場管理運営組合長の西井戸寛二さんによると、この日、キャンプ場では夜を徹しての音楽祭が催されたとのことで、疲れ果てて木陰などで寝込んでいる人の姿も。「キャンプ場に車を置いて、鉄道を使っていろいろなところを見て楽しんでもらいたいですね。井川線の魅力を満喫してもらいたい」と西井戸さん。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします