羊の解体を興味津々に見る子供=シリンゴル盟・シローンフブートチャガン・ホショー(2012年7月撮影)

 日本の3倍という広大な面積を占める内モンゴル自治区。その北に面し、同じモンゴル民族でつくるモンゴル国が独立国家であるのに対し、内モンゴル自治区は中国の統治下に置かれ、近年目覚しい経済発展を遂げています。しかし、その一方で、遊牧民としての生活や独自の文化、風土が失われてきているといいます。

 内モンゴル出身で日本在住の写真家、アラタンホヤガさんはそうした故郷の姿を記録しようとシャッターを切り続けています。内モンゴルはどんなところで、どんな変化が起こっているのか。

 アラタンホヤガさんの写真と文章で紹介していきます。


【写真特集】故郷内モンゴル 消えゆく遊牧文化を撮る―アラタンホヤガ第2回

内モンゴル自治区の地図

 前年の冬から乾燥させた肉や乳製品で冬、春を乗り越えた遊牧民たちは、羊を解体し、新しい肉を食べ、美味しいスープを飲み、元気を取り戻す。

 これをモンゴル語でシニ(新しい)・シュル(スープ)・オーホー(飲む)と言う。つまり、新しいスープを飲み、元気になる。彼らにとっては新しい肉を食べるよりも、そのスープを飲むことがもっと重要であるかもしれない。

 各家庭で異なるが、大体、6月上旬から羊がお腹いっぱいなるまで草を食べ、太り始めると羊肉を食べることになる。その時、一家族が羊を処分したら、必ず、その内臓やお肉を近所におすそわけする。

 私は子供の時にそのおつかいにいくのが大好きだった。モンゴルではお肉を入れていった皿を、空のまま返してはいけない。必ず、飴やお菓子やチーズなどを入れて返さないといけないのだ。私が子供のころは、飴は滅多に食べられない貴重なものだったので、それがうれしかった。特にお年寄りがいる場合は、一番柔らかい、美味しいお肉をあげるのである。これが厳しい環境の中で助け合いながら生きてゆく遊牧民の知恵である。

※この記事はTHE PAGEの写真家・アラタンホヤガさんの「【写真特集】故郷内モンゴル 消えゆく遊牧文化を撮るーアラタンホヤガ第2回」の一部を抜粋しました。


アラタンホヤガ(ALATENGHUYIGA)
1977年 内モンゴル生まれ
2001年 来日
2013年 日本写真芸術専門学校卒業
国内では『草原に生きるー内モンゴル・遊牧民の今日』、『遊牧民の肖像』と題した個展や写真雑誌で活動。中国少数民族写真家受賞作品展など中国でも作品を発表している。
主な受賞:2013年度三木淳賞奨励賞、同フォトプレミオ入賞、2015年第1回中国少数民族写真家賞入賞、2017年第2回中国少数民族写真家賞入賞など。