グランプリに選ばれた井本彩さん(左)とプレゼンターの上戸彩さん(右) (撮影:志和浩司)

 第15回全日本国民的美少女コンテストの本選大会が8日、都内で行われた。京都府出身の中学2年、井本彩花(あやか)さん(13)がグランプリに選ばれた。

 井本さんは、「こんな私がグランプリを取れるとは思えなかった。びっくりした」と目を潤ませながら、コメントした。

【写真特集】第15回全国国民的美少女コンテスト受賞者を事務所先輩らが祝福

応募総数8万150通の中から選ばれたファイナリスト21人による熱い戦い

グランプリの井本彩さん

 同コンテストは、大手芸能事務所オスカープロモーション主催で、3年ぶりの開催となった。過去の受賞者には米倉涼子さんをはじめ、上戸彩さん、剛力彩芽さん、河北麻衣子さん、武井咲(えみ)さんなど、現在第一線で活躍してる女優やモデルなどが多数輩出している。

 応募総数8万150通の中から選ばれたファイナリストは12~17歳の21人。ステージ上で一人ずつ舞台に登場し、「ウオーキング」「自己紹介」「音楽歌唱」「演技」「審査員からの質疑応答」による審査が行われた。元気なあいさつと少々緊張気味の歌唱、個性あふれる演技など、持てる力を十二分に発揮しながらのアピール合戦だった。

左から武井咲、剛力彩芽、吉本実憂、高橋ひかるによるトークショーも(撮影:志和浩司)

 審査員には女優の真矢ミキさん、タレントの岡田結実さん、モデルの藤田ニコルさんらが審査員を務めた。また、同コンテスト出身の剛力彩芽さん、武井咲さんらによるトークショーも開催された。

(取材・文:THE PAGE編集部、撮影:志和浩司)

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします