司会:私どもからのご説明は以上でございます。これより皆さまからご質問を頂戴したいと思います。ご質問があります方は挙手をいただきまして、ご指名をさせていただきましたら係の者がマイクをお持ちいたしますので、ご所属、お名前をおっしゃって、ご質問いただければと思います。それじゃあ、前列のそちらの方から。

NHK:ありがとうございます。NHKの〓ヤマダ 00:32:50〓と申します。よろしくお願いします。社長に伺います。今回、有価証券報告書は限定付適正意見が付きましたけれども、監査法人は内部統制については不備があるということで不適正意見を付けました。これとは別に東京証券取引所も内部統制について審査中です。社長として現時点で東芝の内部統制に不備があるとお考えでしょうか。

綱川:内部統制についてのご質問でございますが、今回の内部統制に不備があったところはウェスチングハウス社の会計で、損失の引当がいつだったかと、その時期の認識に関して指摘され、それに関連する会計処理が不備があったという1点でございますので、そこのところは改善するというところでいずれにせよウェスチングハウスが今現在はこの連結から外れて、その不備があったと指摘されたそこのところがなくなったわけで、それに関連するような不備が起こるような可能性は今後はなくなったということで考えております。従いまして内部統制に関しましては、内部管理体制の強化をやっておりますが、そのほかのところは不備はないというふうに考えています。

※一部、判別できない箇所がございますことをご了承ください。

【中継録画】東芝の決算監査は「限定付き適正」 綱川社長ら会見

この記事の続きをお読みいただくには、Yahoo!ニュースが提供するTHE PAGE プラスの購入が必要です。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします