撮影:高橋邦典

 ブータンの首都ティンプー。緑に覆われた、なだらかな山裾に広がる街並みは、どこか日本の農村風景を思い出させる。首都とはいえど人口も10万人そこそこで、まだまだのどかな町だ。

 町の中心から小高い山の中腹に位置する小学校を訪れた。ちなみにブータンでは1950年代までは現在のような学校はなく、教育はすべて僧院でおこなわれていたという。

フォトジャーナル<世界の学校事情>- 高橋邦典 第48回

撮影:高橋邦典

 始業前の朝礼の時間、まずは子供たちが手を合わせて祈り始めた。国教として宗教を定める国は世界でも多くはないが、仏教はブータンの正式な国教であり、公立学校での祈りは必須になっている。

 「何を祈っているのだろう?」

  ちょっと気になったので、休み時間になって、校庭に歩いていく少年をつかまえて尋ねてみた。

 「家族が元気でいられるように。そして、試験の成績が良くなるようにって」

 はにかみながら男の子が答えた。

 2014年8月撮影

(写真・文:高橋邦典)

※この記事はフォトジャーナル<世界の学校事情>- 高橋邦典 第48回」の一部を抜粋したものです。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします