[イメージ写真]コンビニで販売好調な中華まん(アフロ)

 夏真っ盛りのはずなのに、今年の8月は北日本・東日本太平洋側でくもりや雨の日が多く、平均気温も北日本を中心に低い日が多くなっています。大手コンビニでは夏向け商品が伸び悩む一方、早くも中華まんなどの季節外れの温かい商品が売れています。

【写真】雨、雨、雨、この雨いつまで続く? ── 東京で13日間連続の降雨

おでんも「出足好調」

 ローソンでは、お盆時期の8月13日~16日、中華まんの売上高が前年同期比で約2倍に、レンジで温めるタイプの冷凍めんの売上高(8月6日~12日)が同約3倍の伸び。一方、冷たいめん類の8月前半の売上高は前年同期を下回っています。同じく天候不順のあおりを受けそうなアイスクリームは、昨今、夏以外の季節にもコンスタントに売れる商品になったため、あまり影響は現れていないといいます。

 ファミリーマートでも、冷やし中華を含めた冷たいめん類、ビールやジュースといった冷たい飲料など、夏に人気のはずの商品が伸び悩む一方で、ホットのカウンターコーヒーの売上高が前年同期比で約3割増になったほか、中華まんやおでんも前年同期に比べて販売が好調。同社では、17日に中華まんとおでんの商品発表会を開催するなど「秋以降」の商品PRにも力を入れています。

 セブンイレブンもおでんが好スタート。親会社であるセブン&アイ・ホールディングスの広報センターによると、つゆなどにこだわった2017年度版のおでんを15日から展開したところ「夜、涼しいためか、例年に比べて出足が好調です」と話します。

8月下旬まで低温続く?

 気象庁によると、7月末に日本の北側に現れたオホーツク海高気圧により、北東からの冷たく湿った気流が北日本・東日本太平洋側に流れ込む状態が続いています。日本の南側にある太平洋高気圧の勢力も平年よりも弱いため、くもりや雨の日が多くなりました。特に宮城県仙台市では、8月1~16日までの日照時間が12.2時間と平年の16%にとどまるほか、平均気温が22.3度と平年より2.1度低い状態に。

 同庁では、北日本太平洋側の低温は8月下旬の後半に解消すると見込んでいますが、北日本・東日本太平洋側の日照時間については、8月末まで平年より少ないと予想しています。今後の天候次第で、季節外れ商品の好調はまだ続きそうです。

(取材・文:具志堅浩二)