藤浪に見えた復活の兆しの裏には理由が(写真・黒田史夫)

阪神の藤浪晋太郎(23)が27日、東京ドームで行われた巨人戦に先発、最速159キロをマークするなど、課題の制球難を克服して6回までを2安打無失点に抑えた。7回に1点を失い、なお一死一、三塁で降板。結局、3失点で負け投手となったが、試合後、金本監督は「6回までの姿はひと安心。(次回先発は?)あります」と、藤浪の立ち直った姿を評価した。藤浪に見えた復活の兆しの裏には、理由があった……。
 
 その1球は、159キロを計測した。先頭の 陽岱鋼を見逃しの三球三振に仕留めた外角球だ。自己最速の160キロにあと1キロに迫る素晴らしいボールだった。
 2番のマギーに打たれたが、3番の坂本も三球三振。阿部にもつながれ崩れかけたが、村田を外のスライダーで打ち取って、不安な立ち上がりを無失点で滑り出すと、エンジンがかかる。4回も、先頭の坂本を歩かせ、パスボールで、一死三塁のピンチを作ったが、村田をボールになるスライダーで三振。亀井は、低めのストレートで見逃しの三振。2回から6回までは圧巻のノーヒットピッチングだった。
 
 7回、先頭の村田に対して抜けたスライダーを背中にぶつけたところから「右打者への変化球が抜ける」という悪い癖が出始め、代走・重信には盗塁を許した。藤浪の大きなフォーム。余裕のない隙を突かれて、続く亀井には、右中間に先制タイムリーを許した。さらに続くピンチで、長野の打席では、外角へ外すボールが抜けて逆球となり、坂本が捕球できなかった。走者は三塁へ。結局、敬遠気味の四球で長野を歩かせたところで「長野へのボールが抜けていたので嫌なものが出る前に早めに」と、金本監督から降板指令が出た。

 2番手の桑原が、小林のセーフティースクイズなどで揺さぶられて踏ん張ることができず、藤浪は3失点で5敗目を喫することになった。本人は、「感覚は悪くなかった。でも7回に粘れなかった。あそこで代えられるようではまだまだ。粘りきれないと勝てない」と、収穫と反省を口にした。
 
 2カ月半ぶりに1軍復帰した16日の広島戦では、7四死球の大乱調で3失点して5回途中に降板した。17日に登録を外れたが、2軍落ちではなく、この27日の巨人戦での先発登板チャンスが残っていた。藤浪は、2軍戦で2イニング、1イニングと、2度の調整登板を行ったが、実はこの中で、ピッチングフォームをマイナーチェンジしてきた。自ら2軍の首脳陣に「腕を少し下げたい」と申し入れリリースポイントを変えたのだ。

 腕をほんの少し下げても手首はしっかりと立っていることを首脳陣にチェックしてもらいながら、2軍で短いイニングを2試合投げ、藤浪は「右打者への変化球が抜ける」という癖を改善してきた。