[写真]臨時党大会後、記者会見に臨んだ前原新代表(Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

司会:じゃあ後ろ、産経さん。

産経新聞:産経新聞のオクハラと申します。共産党は次期衆院選で選挙協力するに当たって相互推薦、相互協力を求めておりますけれども、こういった共産党の要請については応えることはあるのでしょうか。また共産党とは党対党で政策協定を結ぶというお考えがあるかどうか、あらためて伺いたいたいと思います。

前原:まず代表選挙の際、あるいは代表選挙が始まる前に申し上げていたのは、やはり政党は、政治家は理念、政策が大事であると。そしてその一致なければ特に政権選択の衆議院選挙においては、それは成り立たないということを申し上げてまいりました。また、今までの執行部が積み重ねてこられた他党との協力関係、あるいは約束事というものは尊重しなくてはいけないと、こう思っておりますけれども、この4党で結んだものの是非についてはその見直しも含めて検討するということを申し上げてまいりました。

 私が代表にならせていただいたわけでありますけれども、代表は、これは独裁者ではありませんので、

【写真】民進党新代表の前原氏会見(全文1)白票が多く厳しい党運営になると思った

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします