今年のオボー祭りを無事に終え、引越しの準備をしながら相撲試合に気配りする=シリンゴル盟・ジューグンウジュムチン・ホショー(2012年7月撮影)

 日本の3倍という広大な面積を占める内モンゴル自治区。その北に面し、同じモンゴル民族でつくるモンゴル国が独立国家であるのに対し、内モンゴル自治区は中国の統治下に置かれ、近年目覚しい経済発展を遂げています。しかし、その一方で、遊牧民としての生活や独自の文化、風土が失われてきているといいます。

 内モンゴル出身で日本在住の写真家、アラタンホヤガさんはそうした故郷の姿を記録しようとシャッターを切り続けています。内モンゴルはどんなところで、どんな変化が起こっているのか。

 アラタンホヤガさんの写真と文章で紹介していきます。


【写真特集】故郷内モンゴル 消えゆく遊牧文化を撮る―アラタンホヤガ第3回

内モンゴル自治区の地図

 「オボー」とはモンゴルの各地に祭られているその地の神々が宿っている場所であり、氏族のシンボル的な存在でもある。主に、高い山、丘などに石、木、最近ではレンガやセメントなどで作ることもある。もちろん、平地や川ほとり、泉の近くに作られることもある。

 2012年に私はジューグン・ウジュムチン・ホショーのサーメ・ソムにあるハダン・オボー祭りに参加することができた。シリンホト市からバスと乗合タクシーを利用し、6時間以上かかる道のりだった。

 モンゴルではオボー祭りの後、ナーダムの競馬と相撲会が行われるのが一般的で、弓射は最近、行われないことが多くなっている。

 午前中からオボーの会場で相撲が行われた。

 このオボーは小さいので、ナーダムも小規模なものであり、32組によるトーナメント試合になった。午後2時すぎに今年のオボー祭りの当番だった家族はゲルを下ろし始め、引越しの準備を始めた。すでに来年の当番になる家族は決まっていた。私も相乗りタクシーの都合で試合が終わる直前に、次の取材先へ移動することになった。

 モンゴル人にとっては、オボーは欠かせない精神的なシンボルであると思う。自分たちのアイディンティティの再確認においても重要な役割を果たしているし、遊牧伝統文化においても、とても重要な祭祀行事の一つである。(つづく)

※この記事はTHE PAGEの写真家・アラタンホヤガさんの「【写真特集】故郷内モンゴル 消えゆく遊牧文化を撮るーアラタンホヤガ第3回」の一部を抜粋しました。


アラタンホヤガ(ALATENGHUYIGA)
1977年 内モンゴル生まれ
2001年 来日
2013年 日本写真芸術専門学校卒業
国内では『草原に生きるー内モンゴル・遊牧民の今日』、『遊牧民の肖像』と題した個展や写真雑誌で活動。中国少数民族写真家受賞作品展など中国でも作品を発表している。
主な受賞:2013年度三木淳賞奨励賞、同フォトプレミオ入賞、2015年第1回中国少数民族写真家賞入賞、2017年第2回中国少数民族写真家賞入賞など。