朝日を浴びながら静かにオボーに祈願する遊牧民=シリンゴル盟・ジューグンウジュムチン・ホショー(2012年7月撮影)

 日本の3倍という広大な面積を占める内モンゴル自治区。その北に面し、同じモンゴル民族でつくるモンゴル国が独立国家であるのに対し、内モンゴル自治区は中国の統治下に置かれ、近年目覚しい経済発展を遂げています。しかし、その一方で、遊牧民としての生活や独自の文化、風土が失われてきているといいます。

 内モンゴル出身で日本在住の写真家、アラタンホヤガさんはそうした故郷の姿を記録しようとシャッターを切り続けています。内モンゴルはどんなところで、どんな変化が起こっているのか。

 アラタンホヤガさんの写真と文章で紹介していきます。


【写真特集】故郷内モンゴル 消えゆく遊牧文化を撮る―アラタンホヤガ第3回

内モンゴル自治区の地図

 「オボー」とはモンゴルの各地に祭られているその地の神々が宿っている場所であり、氏族のシンボル的な存在でもある。主に、高い山、丘などに石、木、最近ではレンガやセメントなどで作ることもある。もちろん、平地や川ほとり、泉の近くに作られることもある。

 オボーの現状についても、少し話しておきたい。

 何百年も周辺の遊牧民に信仰されてきた聖なるオボーも、文化大革命とその後の経済発展や鉱山開発等によって、祭りが禁止されたり、オボー自体が破壊されたりしてきた。

 例えばある地域では、山西省など近隣の地域から薬草を掘りに流れ込んできた漢族が、そこにあったオボーに何か宝があると考えたのか、それを掘り起こした。実際に、彼らが何を見つけたのかは誰もが知らない。

 ただひとつ事実として、チベット語やモンゴル語で書かれた仏典や書物が北風に吹かれ、その周辺の草原一辺に巻き上げられたと言われている。既述のようにオボーは、仏教がモンゴル高原に普及する前のシャーマンの時代からモンゴル草原に信仰されてきた。

 仏教が普及し、シャーマンの力が弱まってくるに従い、オボーの信仰にも仏教の要素が強くなってきた。そのため、一部の有名なラマが亡くなる際に、自分の愛用した仏典や器具をオボーに埋めたり、オボーの隣に専門の塔を作ったりするようになったらしい。

 このオボーにもそうしたラマとの関わりがあったのかもしれない。しかし、全てが失われた。それは金銀の財宝という価値で測られるものではない。だが、測り知れない貴重な無形文化財が無惨に破壊されているという現実がある。

 また、シリンゴル盟のあるホショーのホショー・オボー(全旗が信仰していたオボー)が建築用の石採掘によって、破壊されていると耳にした。残念ながら、現状を自分の眼で確かめることはできなかった。(つづく)

※この記事はTHE PAGEの写真家・アラタンホヤガさんの「【写真特集】故郷内モンゴル 消えゆく遊牧文化を撮るーアラタンホヤガ第3回」の一部を抜粋しました。


アラタンホヤガ(ALATENGHUYIGA)
1977年 内モンゴル生まれ
2001年 来日
2013年 日本写真芸術専門学校卒業
国内では『草原に生きるー内モンゴル・遊牧民の今日』、『遊牧民の肖像』と題した個展や写真雑誌で活動。中国少数民族写真家受賞作品展など中国でも作品を発表している。
主な受賞:2013年度三木淳賞奨励賞、同フォトプレミオ入賞、2015年第1回中国少数民族写真家賞入賞、2017年第2回中国少数民族写真家賞入賞など。